solidThinking イベント情報

Japanese Modelica Conference 2018(出展・講演)



アルテアエンジニアリングは5/17(木)~18(金)、東京で開催されるJapanese Modelica Conference 2018にゴールドスポンサーとして出展します。

アルテアエンジニアリングの Activate は最新のテクノロジーを活用して開発されたモデルベース開発のためのツールです。シグナルベースと物理コンポーネント(Modelica)という2種類のモデルを同一のダイアグラムの中に混在させることができ、豊富な制御・信号処理などのためのツールボックスにより、Activate 単独で制御系システムとプラントモデルのシミュレーションと検証を行えます。

他製品との連成シミュレーションにおいても、Activate は FMU のインポートとエクスポートの両方をサポートしているだけではなく、マルチボディシステムツールMotionSolve やモータのシミュレーション等の低周波電磁場解析ツールFlux とのダイレクトインターフェースを装備しており、より簡単に1D-3Dの連成シミュレーションを行うことができます。このダイレクトインターフェースは、高周波電磁場解析やCFD(流体解析)に対しても開発中です。

なお本会議では、"Simulation of high-index DAEs and ODEs with constraints in FMI" と題して Activate の開発チームメンバーである Masoud Najafi が講演します。本講演では、マルチボディシステムで現れる、現状の FMI では扱うことが難しい高インデックスの DAE(微分代数方程式)を扱うための FMI の拡張方法を提案します。この手法は既に Activate に組み込まれています。ぜひ本講演にご参集ください。

solidThinking Activate
http://solidthinking.jp/activate_land_JP_2017.html


Japanese Modelica Conference 2018


日 程:2018年5月17日(木)~18日(金)
会 場:ベルサール神保町
https://modelica.org/events/modelica2018japan

講 演:Simulation of high-index DAEs and ODEs with constraints in FMI
日 時:5月18日(金)15:15-16:30(Session 6a: FMI, Simulation Technologies 1内)