業界トップの航空宇宙エンジニアリングサービス会社Hyde Groupが有限要素構造解析にHyperWorksを採用

AltairのCAEプラットフォームが航空宇宙サプライヤーのエンジニアリング効率と生産性の向上を実現


ミシガン州トロイ - 2011年8月18日 - 企業の技術革新および意思決定を強化する技術とサービスを提供する世界最先端のプロバイダーであるAltair Engineering, Inc.は本日、Hyde GroupのAerospace Engineering部門が生産性強化と顧客へのサービス能力拡大のため、AltairのCAEシミュレーションソリューションHyperWorksを採用したと発表しました。

「航空宇宙業界トップのサプライヤーとして、Hyde Groupは成長のための努力を続けてきました。当社で既に保有しているソフトウェアパッケージと併用しながら、設計能力を向上させ、生産性を節約できるようなツールが必要だったので、HyperWorksに投資しました」と、Hyde GroupでDirector of Engineeringを務めるJohn Daniels氏は述べています。「既存のソフトウェア群を使って解析を行った場合、どの程度のリソースが必要になるかは把握していましたが、これを改善する方法を探っていました。HyperWorksは同一タスクを実行するための所要時間を削減しただけでなく、従来に比べて少ない労力で必要品質を実現することができ、顧客からの要望にこれまで以上に柔軟かつ的確に応えられるようになりました」。

HyperWorksシリーズとAltairの優れたサービスとサポート、そしてソフトウェアの習得しやすさがもたらした業務上のメリットが、HydeのEngineeringグループがHyperWorksを選ぶ決め手となりました。
「当社の応力解析エンジニア達は、さほどの訓練なしでツールの使いかたを習得し、今では他のプリプロセッサよりもHyperMeshを好んで使うようになりました」と、Daniels氏は述べています。「成果は至って順調で、費用を節約できるソフトウェアを提供できるというAltairの主張は正しかったことが証明されました」。

「Hyde Groupが開発プロセスの強化に向けてAltairのツールを導入したことを、非常に嬉しく思っています」と、Altair Engineering, U.K.でManaging Directorを務めるDavid Masonは述べています。「当社のツールはオープンアーキテクチャを採用しており、開発期間の短縮や投資収益率の増大を可能にして、サービス企業が求める柔軟性を提供しています。ビジネス上のメリットや充実した製品シリーズにより、イギリス国内でサービスやコンサルティングを行う企業の間に、今後HyperWorksがいっそう普及することを期待しています」。


Hyde Groupについて
Hyde Groupは、工具製造、エンジニアリング、航空宇宙製品を扱う3つの部門からなる非公開会社です。グループでは世界中に1,400人の社員を擁し、売上高は年間2億ドルにのぼります。
Hyde Engineeringは航空宇宙、プロセスエンジニアリング、輸送、再生可能エネルギーという4つの市場セクターで事業を展開し、構造設計、応力解析、システム設計において40年以上にわたり専門知識を重ね、航空宇宙部門では回転翼機や固定翼機の機体構造などを幅広く手がけ、経験を培ってきました。詳しくは、www.hydegroup.comをご覧ください。