【開催報告】アルテアエンジニアリング ユーザー会



2014年7月17日、18日の両日、アルテアエンジニアリング株式会社はユーザー会『2014 Japan Altairテクノロジーカンファレンス』(以下、ATC)を開催しました。当日の来場者はのべ600名近くに上り、過去最大規模での開催となりました。

プログラムは、富士重工業株式会社 スバル技術本部CAE部 部長 永沢浩様の基調講演をはじめ、ユーザー様による弊社製品の使用事例の発表を中心に進められました。

アルテアからは、今後の会社のビジョンや製品開発について発表したほか、共通のアプリケーションソフトウェアと独自のカスタマイズをパッケージ化した新しいソリューションPackaged Solution OfferingやCAEソフトウェアHyperWorksの新バージョン13.0について発表しました。また、生産技術、パワートレイン、電機、複合材料をテーマにしたテクニカルセミナーを行いました。

プレスリリース(PDF)

<ATC概要>
名称: Altairテクノロジーカンファレンス
会期: 2014 年7 月17 日(木)・18 日(金)
会場: ANAインターコンチネンタルホテル東京
基調講演: 富士重工業株式会社 スバル技術本部CAE部 様
公式URL: www.altair.com/atc/japan
主催: アルテアエンジニアリング株式会社


Altairについて
Altairは、ビジネスパフォーマンスの改善のために、設計、プロセス、意思決定を統合かつ最適化するシミュレーション技術の開発と様々な分野への適応に注力しています。 2000人を超える従業員を擁する非上場企業であるAltairは、米国ミシガン州トロイに本拠を置き、20ヵ国に45以上のオフィスを構えています。 顧客は多種多様な業種にわたり、その数は5000社以上にも及んでいます。 詳細については、www.altairjp.co.jpをご覧ください。