Inspire のご紹介

Simulation-driven Design(シミュレーション主導の設計)と最適化が可能に



Inspireとは?


Inspireは、業界で最も強力かつ使いやすいUXを備えたジェネレーティブデザイン / トポロジー最適化 / ラピッドシミュレーション ソリューションです。構造特性に優れたコンセプトを素早く簡単に生成でき、コスト、開発時間、材料消費量、製品重量の削減につながります。


一から新製品を開発する場合や、現行の生産部品の設計改良を検討する場合にInspireを使用することで、設計者やエンジニアは以下のことが可能になります。


  • 動的な機械システムを迅速にアセンブリ、シミュレーションし、最適化や解析で必要になるシステムコンポーネントへの荷重を自動的に算出

  • 積層造形(アディティブマニュファクチャリング)を含む各種製造方法に適した、重量性に優れた設計を生成

  • 静荷重、共振、座屈を解析し、さまざまなデザイン案の性能を評価

  • InspireのCAD形状を3Dプリンターに直接エクスポートし、高性能・高品質な部品を製造



Inspire 2018の新機能


  • ラティス最適化の結果を3次元形状として可視化し、.stl形式でエクスポートできるようになりました。

  • 新しくなった荷重ケーステーブルでは各解析条件がどの荷重ケースに適用されているかを簡単に確認と変更することができるようになりました。また、荷重ケーステーブルを使用して、.csvファイルまたは.xlsファイルから荷重およびサポートをインポート/エクスポートできるようになりました。

  • オーバーハングツール形状コントロールが追加されました。オーバーハングは、3Dプリンター用の形状制約です。この機能では造形プロセス時に必要なサポート構造を最小限に抑えられます。

  • PolyNURBS シャープツールでは、鋭角度 -「なし」、「低」、「中」、「高」、4種類の鋭角度が使用できるようになりました。鋭角度 - 「高」は完璧なピン角を生成します。鋭角度 - 「高」を適用したエッジにフィレットまたは面取りを追加できます。
新機能の詳細はこちら


Inspire 2018のウェビナーシリーズ「Optimization-driven Design - Inspireの最適化が導く設計プロセス」(全12回、日本語)の詳細、お申し込みはこちら


  • 2018年5月31日(木)- 設計方法の効率化で、自動車エンジンの効率化を
  • 2018年6月28日(木)- 3Dプリンティングのための設計手法
詳細・申し込み

Inspireが実際に活用されている3Dプリンティング向けのデザインの詳細はこちら

製品紹介ビデオ:



試用版請求    見積もり請求


Customer Testimonials

Sponsor Logo 「Inspireは、理想的な部品の幾何形状を素早く提案することができ、開発サイクルタイムの短縮と、コンポーネントの構造的要件に関してエンジニアの知識を向上させる機会を与えてくれます」 自動車安全機器ティア1メーカー、Key Safety Systems社上級エンジニア、Stefan Terebesi氏
Sponsor Logo トポロジー最適化はデザインの生成、形状の生成、コンセプトの生成の新しい方法です。 デザイナーがこれまでしてきたことと違う方法で、線やデザイン戦略を探求するために役に立ちます」 Pininfarina Group、Pininfarina Extra社、研究開発ディレクター、Francesco Lovo氏
Sponsor Logo 「[Inspire]は構造上の問題の解決や構造的適性を見つけるために使用することができます...しかし、もっと興味深いことは、構造システムを改革することが可能なことです。 建築家はビルを建てることができますが、建築芸術とは、ビルとは何であるかを再考することです」 Pratt Institute助教授、建築家、芸術家、labDORA創設者、Peter Macapia博士