Embed

組込みシステムのビジュアル環境

Embedとは

組み込みシステム開発用のツールとして確かな実績があり、ブロック図モデルからコードを自動生成して一般的なコントローラーハードウェアにコードを転送できます。 システム図に基づいて稼働シミュレーションを実行した後に、ハードウェアコントローラー用のコードを自動生成できます。またHIL(Hardware-in-the-Loop)を使用すれば、設計の試験を簡単に行うことができます。

Altairはモデルベース開発ソリューションとして、この他にActivateComposeも提供しています。

動画を視聴

Embedのメリット

ダイアグラム図から簡単にコードを生成

組み込みシステムのコードを手作業で記述すると、手間がかかるうえにヒューマンエラーも懸念もされます。代わりにシステム図から直接コードを自動生成すれば、そうしたリスクを回避できます。

高効率なコード

自動生成されたコードは処理が高速で、実行結果の質も高いため、コードの実行速度を上げるために書き直す必要がありません。

ロバストで信頼性の高いプロセス

自動生成されたコードは人が見てもわかりやすく書かれており、編集や微調整の必要もなく、信頼性が高いためそのまま使用できます。

Embed の機能

組み込みシステム開発に最適

スケーリングした固定小数点演算を含む動的なシステム向けに、効率的かつコンパクトなANSI Cコードを生成できます。パラメーターのチューニングとデータのリアルタイムモニタリングも可能です。

ブロック図と状態図

イベントベースの挙動だけでなく連続時間や離散時間の挙動も含めて、動的システムをシミュレーションできます。

ダイアグラムからコードを生成

手作業でのコーディングは必要ありません。ブロック図と状態図から自動生成したコードは、マイクロコントローラーユニット(MCU)でそのまま使用できます。

一般的なターゲットMCUハードウェアをサポート

Arduino社やRaspberry Piの一般的な装置に加え、Texas Instruments(TI)社の多くの工業用装置もサポートしています。

インタラクティブHIL(Hardware-in-the-Loop)試験

制御アルゴリズムをターゲットMCU上でリアルタイムに実行しながら、Embedのプラントモデルをホストコンピューター上で実行できます。ターゲットMCUとEmbed間の通信はHOTLink経由で実行されます。

デジタル電力装置および通信システム用のアドオン

電力供給やデジタル電力のコンポーネント・制御装置のシミュレーションおよびコード生成を実行できます。アナログ、デジタル、混合モードの通信システムを隅々までモデリングできます。

Embed の主要機能

 

ダイアグラムからコードを迅速に生成

 

Arduino社製などのコントローラーハードウェアに接続

 

状態図を作成

 

ドローン用DCモーター制御HIL

 

PMSMセンサレス磁界方向制御HIL

Subscribe to join our Newsletter
Learn about product training, news, events, and more.