Activate

複合領域のシステムシミュレーション

Activateとは

Activateでは、信号ベースブロックと物理ブロックを使って1次元の複合領域システムモデルを迅速かつ柔軟に作成し、製品のシミュレーションを実行できます。オープンな規格をサポートしており、必要に応じて3次元モデルとの連成も可能です。

初期のコンセプト設計(多分に抽象的なモデルを使い、シミュレーション時間は短め)から終盤の詳細設計段階(モデルの具体性が増し、シミュレーション時間も長くなりがち)まで、開発サイクル全体で柔軟にシミュレーションを実行できます。

Altairはモデルベース開発ソリューションとして、この他にComposeEmbedも提供しています。

Activateのメリット

総合的な評価

SoS(System-of-Systems)などの製品全体の性能をシミュレーションし、コンポーネントやサブシステム間の相互作用に加え、全体挙動の評価精度を高めることができます。

より有益な知見を、素早く捕捉

複合領域的な要素(機械と電気、流体と構造、電磁と熱効果など)を組み合わせたシステムシミュレーションを実施することで、製品性能の理解を深めることができます。1次元モデルと3次元モデルの連成も可能です。

オープンかつ柔軟

ModelicaやFMUなどのオープンな規格を利用すれば、強力な内蔵機能をさらに充実させることができます。Altairの様々なエンジニアリングシミュレーションソフトウェア(MotionSolve、Flux、FEKOなど)の機能を補完したり拡張したりすることも可能です。

Activateの機能

1Dシステムシミュレーション

システムレベルでのシミュレーションにより、製品の部分的な評価の域を越えて、総合的に良し悪しを判断できます。

ブロックダイアグラム - 制御システム設計

センサー、アクチュエーター、フィードバック機構、内臓のロジック回路を備えた現代のスマートシステムを開発する際に、自然な発想でモデリングできます。

同じダイアグラム内で信号ベースブロックと物理ブロックを混合可能

定義済みのModelicaブロックを収録したライブラリを活用して、機械、電気、熱の一般的な物理コンポーネントをモデリングできます。

一般的に3次元シミュレーションよりもはるかに高速

モデルをはるかに抽象的に表現するため、より早い段階(コンセプト設計段階など)で製品性能の知見を得たり、設計検討を素早く行ったりすることが可能です。

他のAltairツールと連携

たとえばマルチボディダイナミクス制御モデルの場合はMotionSolveと、モーター動作制御モデルの場合はFluxとモデル交換や連成シミュレーションを実施することで、正真正銘の複合領域システムシミュレーションを実現します。

Functional Mock-up Interface(FMI)をサポート

FMU(Functional Mock-up Unit)を使用できるため、FMI規格をサポートしているAltair以外のツールとのモデル交換や連成シミュレーションが可能です。

Activate の主要機能

 

1Dブロックダイアグラムモデリング

 

Modelicaを用いた物理モデリング

 

1次元の信号ブロックと物理ブロックを混合

 

FMI経由で他製品と連携

 

1次元 / 3次元の例: アクティブサスペンション

Subscribe to join our Newsletter
Learn about product training, news, events, and more.