Compose

数式、スクリプト記述、データ解析、可視化

Composeとは

Composeでは、CAEシミュレーションや試験結果などのデータの計算・操作・可視化に加え、反復計算やプロセス自動化のためのスクリプトの作成とデバッグができます。

多種多様な数学および線形代数の処理(マトリクス解析と微分方程式の求解など)、信号のフィルタリング、データによる多項式フィッティング、商用シミュレーションソフトウェアの結果の近似や確認、さらには最適化も実行できます。⏎

Altairはモデルベース開発ソリューションとして、この他にActivateEmbedも提供しています。

Composeのデータ処理サンプル集

Composeの特徴

エンジニアリングの意思決定の質向上

第一原理に基づく便利なエンジニアリング計算を実行でき、再利用可能なスクリプトとして保存できる場合は計算の反復実行も可能です。データのプリプロセスとポストプロセス、そして結果のプロットにより、確かな情報に基づく意思決定をサポートします。

手頃な価格でオール イン ワン ツール

solidThinking Composeはあらゆる機能を取り揃えた多機能ツールで、ユーザーフレンドリーな統合開発環境(IDE)も搭載しています。追加のツールボックスは必要ありません。

すぐに利用を開始

単独での使用はもちろんのこと、Altairの画期的なライセンスシステム(HyperWorks Units、solidThinking Units、Carriots Unitsのいずれか)を通じて利用できる他のAltair製品と組み合わせることもできます。

Compose の機能

数値計算

強力な数学演算が豊富に用意されているほか、非常に単純な計算からきわめて複雑な計算までに対応できる関数も内蔵されています。

オール イン ワン

solidThinking Composeは統合開発環境(IDE)を搭載した包括的な製品のため、別途ツールボックスを用意したり、追加で出費をしたりする必要はありません。

多言語数学環境

Open Matrix Language(OML)をベースとし、OctaveとPythonとも互換性があります。

プロセスオートメーション&スクリプト記述

特に、反復計算や日常業務の効率化で活躍します。便利なデバッグ機能も内蔵されています。

プロッティング&ビジュアライゼーション

便利な2次元および3次元のプロットを利用することで、計算結果やデータからより多くの知見を得られます。

内蔵のCAEデータリーダー

FEAやCFDなどのCAEツール用の入出力データを、きわめて容易かつ迅速にインポート、可視化、編集できます。

Composeの主な機能

 

0D / 1Dモデリング

Subscribe to join our Newsletter
Learn about product training, news, events, and more.