< Back to Resources

3Dプリンターの能力を最大限に引き出すAltair のトポロジー最適化テクノロジー

Download White Paper | Open White Paper in New Tab

1980年代後半にその手法が提案され、1993年に構造解析プログラムであるHyperWorks OptiStruct に導入されたトポロジー最適化は、工学的に有意な生物学的構造を作り出すことが可能な手法であり、このテクノロジーを適用することにより、従来設計手法の難点を克服し、3D プリンターの特性を活かすことのできるコンセプトデザインを創出することが可能となった。
-「機械設計 5月号」第60巻 第7号掲載

All Inspire Technical Papers

真のフロントローディングを実現するCAEツールsolidThinking Inspire

『設計者CAE』、『フロントローディング』、どちらもすでに10年以上前から提唱されている言葉である。そして,3次元CADツールには、解析機能を持つCAEのモジュールが組み込まれてきており、環境も整えられつつある。では、実際に、設計者はそれらを使用しているだろうか?

Technical Papers

Platform Support(稼働環境)- HyperWorks 14.0.120/220

HyperWorks 14.0.120/220(14.0.220 solver packageを含む)がサポートするプラットフォーム、OS、プロセッサー等一覧。

Technical Papers

3D プリンターの能力を最大限に引き出すAltair のトポロジー最適化テクノロジー

大量生産に向かないことや使用できる材料の種類に制限があることなどの問題があるとはいえ、型を作成する必要がなく、従来の製造手法では作成することができなかった複雑な構造物を製造することができる3Dプリンターが使用されることを最初から想定し、その特性を最大限に活用することができる設計手法が必要となる。そのような設計手法の一つとしてのトポロジー最適化についての論文。(「機械設計 5月号」第60巻 第7号掲載)

Technical Papers

3Dプリンターの能力を最大限に引き出すAltair のトポロジー最適化テクノロジー

1980年代後半にその手法が提案され、1993年に構造解析プログラムであるHyperWorks OptiStruct に導入されたトポロジー最適化は、工学的に有意な生物学的構造を作り出すことが可能な手法であり、このテクノロジーを適用することにより、従来設計手法の難点を克服し、3D プリンターの特性を活かすことのできるコンセプトデザインを創出することが可能となった。
-「機械設計 5月号」第60巻 第7号掲載

Technical Papers
Have a Question? If you need assistance beyond what is provided above, please contact us.

Altair Japanのメールマガジン

イベントや製品の最新情報を配信しています

配信登録