Resources for Activate  

eブック: ボールバランシングテーブル教材

本書は、自動制御体験キット ボールバランシングテーブルを使って、3D+1D システム連成シミュレーションでモデルベースの制御設計コンセプトを学べるユニークなデジタルツイン教材です。 本資料はAcrome Inc.のBALL BALANCING TABLE Course wareをAltairが翻訳したものです。 1. ボールバランシングテーブルのコンポーネント 2. パルス幅変調(Pulse Width Modulation, PWM)とRCサーボモーター 3. 微分フィルター処理 4. システムモデリング 5. 性能指標 6. 制御システムの設計 7. 周波数応答解析 8. ゲーム

eBooks

eブック ボールバランシングテーブル ユーザーマニュアル

自動制御体験キット ボールバランシングテーブルのためのユーザーマニュアル。3D+1D システム連成シミュレーションでモデルベースの制御設計コンセプトを学べるユニークなデジタルツインを体験できます。 本資料はAcrome Inc.のBALL BALANCING TABLE USER MANUALをAltairが翻訳したものです。

eBooks

Altair Activate

Activateは、製品クリエーターやシステムシミュレーション技術者、制御システムエンジニアなどが複合領域のシステムに対してモデル化・シミュレーション・最適化を実行するためのシミュレーションおよびモデルベース開発ソリューションです。

Brochures & Datasheets

あらゆる設計ニーズに応える Simulation-driven Design プラットフォーム solidThinking

Altair solidThinkingは、工業デザイン、システム設計、構造・機構設計、生産シミュレーションなど、シミュレーション主導の設計に欠かせないロバストなソリューションをお得に利用できるプラットフォームです。solidThinkingに含まれる様々なアプリケーションは、多くの先進企業で、品質、コスト、製品化期間などの目標達成に貢献しています。

Brochures & Datasheets

eBook: Altair Activateで学ぶシステムモデリングと制御システムの基礎(英語)

本書は、「システムのモデリングと制御」の基礎を学ぶ入門書です。初心者向けに書かれているため、基本的な理論的知識と実践的な演習を記述しています。 まず、線形時不変システムとその分析、システムの数学的表現について説明し、その後、ラプラス変換と状態空間表現を使用してシステムを表す微分方程式を解き、システムの安定性、システムモデリング手法についてさらに説明します。 最後に、さまざまな制御システムと理論について解説します。 なるべく分かりやすくなるよう、全体を通して、マススプリングダンパーシステムを使って説明しています。

eBooks

JATC2019 1Dシミュレーションの複合領域(油圧 / 電子回路 / 制御等)における拡張 - モデルベース開発ツールの新機能

Altair 由渕 稔 Altair Activateは、圧倒的な使いやすさを誇る、モデルベース開発のためのブロックダイアグラム環境です。各領域のModelicaライブラリおよび電気回路のためのSPICEライブラリを、数学処理や制御システム構築のための豊富なシグナルベースライブラリと組み合わせてダイアグラムを構築することにより容易に1Dシミュレーションを実行することが可能です。また、FMIに加えて機構や電磁場ツールとのダイレクトインターフェースを備えており、1D-3Dを統合した複合領域のシステムシミュレーションを実行することも可能です。 今回は、最新バージョンで追加された独自の油圧とSPICEのライブラリを用いた事例を中心に最新機能をご紹介します。また、姉妹製品である数値処理計算環境Altair Composeについても最新機能を併せてご紹介します。

Presentations

JATC2019 ランニングシューズ開発におけるソール粘弾性の部位ごとの最適化 3-07

平井 森 様 グローバルフットウエアプロダクト本部 デザイン・開発部 | ミズノ株式会社 ランニングシューズの設計支援のための環境をMotionSolve / Activate / HyperStudyを連携させて構築する内容を紹介します。 ヒト-シューズ系をモデリングし、シューズのソール部分のばね的特性を変化させたときのヒトの運動の変化を捉え、最適なソール設計を見つけることを目指しています。

Presentations

モデルベース開発、複合領域シミュレーションのためのブロックダイアグラム環境 Altair Activate

1D-3DCAE、モデルベース開発、制御システム設計のためのツールAltair Activate を設計プロセスの初期段階で適用することにより、複合領域の挙動を容易にモデル化し、システム全体の性能を把握できます。 学術研究・個人向け︓ ベーシックエディション(無償) https://www.altairjp.co.jp/mbd2019/

Brochures & Datasheets

複合領域システムの設計アプローチを用いた小型ブレーカーの開発

極めて短い期間での市場投入要求の下、小型ブレーカの自動再閉路装置の既存の標準設計を、新しい地域でのさまざまな動作条件(電圧や温度など)に適合させるという課題を抱えたSchneider Electric社の成功事例

Customer Stories

モデルベース開発ソリューション

Altair のモデルベース開発ソリューションは、圧倒的な使いやすさとコストメリットによりモデルベース開発手法導入のハードルを格段に低くします。

Brochures & Datasheets

Activate Basic 2019 日本語ユーザーズガイド / チュートリアルガイド

Activate Basic 2019 ユーザーズガイドとチュートリアルガイドの日本語版です。

Training Materials

無償版モデルベース開発ツールの利用方法

Simulinkのようなブロック線図とModelicaの物理コンポーネントが使用可能な1DシミュレーションツールAltair Activate2019と、MATLAB互換の言語Open Matrix Language(OML)が使用可能なAltair Compose2019からBasic版、Professional版がリリースされ、Basic版は無償でご利用いただけるようになりました。

Getting Started, Videos

ATCx2018 e-Mobilityパワートレインへのモデルベース開発手法の適用

~HEVバッテリーシミュレーションとインバーターの1Dモデル化を例として~ ATCx e-モビリティ | 2018年11月15日 HyperWorks技術本部 シニアテクニカルスーパーバイザー 由渕 稔

Presentations

モデルベース開発ソリューション無償ベーシックエディション

モデルベース開発ソリューションAltair ComposeとAltair Activateの無償ベーシックエディションとプロフェッショナルエディションでそれぞれお使いいただける機能をまとめました。

Brochures & Datasheets

Mabe社の、複合領域的アプローチによる洗濯機の継続的な性能向上

メキシコに本社を置く国際的な家電製品メーカーMabe社はAltair製品を活用し、電力消費量を24%削減し、製品開発サイクル時間も25%短縮。中南米で市場シェアトップを獲得しました。

Customer Stories

ATCx2018 インバータの1Dモデル化によるHEV電動モータの性能 / 熱シミュレーション

ATCx 電機製品ソリューション | 2018年6月29日・7月6日 solidThinking事業部 シニアテクニカルスーパーバイザー 由渕 稔

Presentations

ATCx2018 Accelerating the Adoption of Model Based Development

ATCx 制御と1D/3Dシステムシミュレーション | 2018年6月22日 Sr. Vice President Math & Systems Michael Hoffmann

Presentations

ATCx2018 システムシミュレーションを用いたパーソナル e-モビリティの電気モータの最適化

ATCx 制御と1D/3Dシステムシミュレーション | 2018年6月22日 solidThinking事業部 テクニカルマネージャ 池田 公輔

Presentations

MotionView初期設定

システムシミュレーションを用いたパーソナル e-モビリティの電気モータの最適化 - サンプルモデルの使いかた#01

Videos

ATCx2018 システムシミュレーションを用いたパーソナル e-モビリティの電気モータの最適化 - サンプルモデルの使いかた

ATCx 制御と1D/3Dシステムシミュレーション | 2018年6月22日 solidThinking事業部 テクニカルマネージャ 池田 公輔

Videos

Activateの初期設定

システムシミュレーションを用いたパーソナル e-モビリティの電気モータの最適化 - サンプルモデルの使いかた#02

Videos

サンプルモデルの使い方1

システムシミュレーションを用いたパーソナル e-モビリティの電気モータの最適化 - サンプルモデルの使いかた#03

Videos

サンプルモデルの使い方2

システムシミュレーションを用いたパーソナル e-モビリティの電気モータの最適化 - サンプルモデルの使いかた#04

Videos

ATCx2018 技術ばらしと1DCAEの連携によるMBDの実現

ATCx 制御と1D/3Dシステムシミュレーション | 2018年6月22日 株式会社 電通国際情報サービス

Presentations

ATCx2018 モータの異常・故障を想定したシステムシミュレーション

ATCx 制御と1D/3Dシステムシミュレーション | 2018年6月22日 熱流体・電磁場解析技術部 テクニカルマネージャ - EM 山倉 鉄矢

Presentations

ATCx2018 モータの異常・故障を想定したシステムシミュレーション - サンプルモデルの使いかた

ATCx 制御と1D/3Dシステムシミュレーション | 2018年6月22日 講演「ATCx2018 モータの異常・故障を想定したシステムシミュレーション」のサンプルモデルの使いかた解説動画 熱流体・電磁場解析技術部 テクニカルマネージャ - EM 山倉 鉄矢

Presentations, Videos

システムシミュレーションを用いたモデルベース開発

【制御、電気モーターを考慮した立ち乗り電動二輪車の走行シミュレーション】 モーターを使った製品全体としての電力効率最適化の手法として、システムシミュレーションがあります。

Videos

JATC2017 Activate、Embed、Compose新機能紹介

Compose、Activate、Embed はモデルベース開発 / 1Dシミュレーションのための製品群です。 2017では、Matlab互換言語であるOMLでのPythonファンクションの使用、ライブラリの拡充 / カスタマイズ / ソースコード出力等のModelica関連機能の拡充等、幅広い機能追加を行っています。

Presentations

JATC2017 マルチフィジクス事例(機構、制御、電磁場、熱)

マルチボディソルバーMotionSolve をベースに、機構×制御×電磁場および機構×熱の2つのマルチフィジクス事例を紹介します。 1. 制御、電気モーターを考慮した立ち乗り電動二輪車の走行シミュレーション MotionSolve に、1DソルバーActivate による制御モデルと、低周波電磁場ソルバーFluxを用いたIPMモーターモデルを連成させた事例です。 2. ブレーキ発熱を考慮したフルビークル制動シミュレーション MotionSolve に、1DソルバーActivate によるブレーキ発熱モデルを連成させた事例です。 Altair 第1技術部 テクニカルマネージャ 池田 公輔

Presentations

Ankers社

Ankers社は、MotionSolve とAltair Activate の連成シミュレーションを使用して、 ブレーキに発生する熱と制動距離に関する検証し、シス テムの挙動を最適化しました。

Customer Stories

制御系とプラントを一括モデリング - 新時代の1Dシミュレーション - Activate/Compose 2017

制御システムとプラント(物理コンポーネント)モデルを同時に、かつ、メカ / 電機 / 熱等を組み合わせた複合領域の1Dシミュレーションが可能なActivateの新機能をご紹介します。また、Composeについては、新機能の紹介に加えて、従来はExcel等で数日を要していたCAE結果のプロット作成を数分で可能にした、3DCAEとの強力な連携による"スマート"ポスト処理機能も併せてご紹介します。(2017年3月実施)

Videos, Webinars
Have a Question? If you need assistance beyond what is provided above, please contact us.

Altair Japanのメールマガジン

イベントや製品の最新情報を配信しています

配信登録